薬膳学

だいぶ皆様に浸透している薬膳。

今日は中医薬膳学について。

 

薬膳とは→薬とは中薬(調子が悪い時に食べる食材の事)

膳とは料理の事

 

 

有名な薬物書<神農本草経>

食べれるものと食べれないものの区別をつけられなかったため、中毒や病気を繰り返して実践と経験を通して<食材>食べられるもの

<中薬>調子が悪い時に食べるもの

<食薬>これを食べると回復するもの

に分けられ作られました。

 

この神農は1日72回毒にあたりお茶によって命を救われたそうで、その中でも<緑茶>は解毒作用があり中薬に収められたそうです。

 

 

 

また365品目の薬物が記載されていて上中下の3分類されています

<上薬>120品目 生命力を養う

<中薬>120品目 体質改善に用いる

<下薬>125品目 病気を治す

 

これをブレンドした配合法を漢方の原則にしています。

 

 

今回はその<中薬>に入る親しみのある<大棗~なつめ>です

なつめ

 

性味は、温、甘

体を温め、脾に帰経します

 

 

脾胃の働きを助けて、気血を補い滋養強壮。

精神を安定させる効果もあります

お薬や食べ物の毒を緩和させて消化機能を助けてくれます

 

 

1日3粒食べると老化防止にもなります!

 

万人に良いですが特に更年期の方や脾胃が弱い方、病後のケアに良いですよ!

 

 

先日朝からなつめを煮ている写真です

 

 

※3月5日(月)~9日(金)は東京へ資格取得の為、サロンはお休みになります

 

2月最後までよろしくお願い致します!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました